更新日2017/05/28 この記事は約 2 分で読めます。

ヘーベルハウスは他のハウスメーカーとちょっと違う


ヘーベルハウスってどう?

へーベルハウスは旭化成ホームズという会社のブランドです。

ヘーベルハウスの「ヘーベル」とは、同じ旭化成グループの旭化成建材が製造しているALCコンクリートと呼ばれる建材の商品名から来ています。

このALCコンクリートと呼ばれる工場生産のパネルを壁や床に取り付けていくわけです。

ALCコンクリートを外壁や床に使用して家を造っていることがヘーベルハウスの最も明確な特徴です。

またその他の特徴として、鉄骨構造であることや、鉄骨造の強みを生かした陸屋根と言われる屋上を使える建物や、3階建て、長尺スパン、建物の強度や耐久性に優れている点がセールスポイントです。

大きいスパンで3階建てをしっかりと建てたい場合にはお勧めです。

他のハウスメーカーとはちょっと違う

ALCコンクリートという素材をメインに使って家を建てている大手ハウスメーカーは、このヘーベルハウスしかありません。

メーカーの広告を見てみると、、耐久性の高さ、防火性能、断熱性が良いこと、重量が軽いことなど様々な特徴があるとされています。

一方で、外壁材であるALCコンクリートの断熱性がどこまで住宅の断熱性能に寄与できるのか。

また、重量が軽いとされていますが構造体が鉄骨であるため重量は重く、軽いことによるメリットは何なのか疑問を感じます。

とはいえ、ALCコンクリートに特化していることは同社の明確な特徴であり、比較検討に値する特徴であることは間違いありません。

ヘーベルハウスの気を付けたい点

ヘーベルハウスはALCコンクリートありきの建物になるため斜めや曲線といった複雑なデザインの建物には不向きです。基本的には四角い建物を想定したものです。

無複雑な形状で造ると雨漏れやひび割れなどの原因になる可能性があります。

またコスト面では、ALCコンクリートの重量は軽いと謳っていますが、そもそもの構造が鉄骨造であるため木造に比べて建物自体が重くなります。重量に応じて地盤改良や基礎のコストが高くなり建物全体のコストは高くなる可能性があります。

このあたりは是非、営業マンや設計担当者に数字を交えての説明を求めていただいたほうが良いでしょう。

(author:nanpei2969)

特集記事関連キーワードから探す

ヘーベルハウスは他のハウスメーカーとちょっと違うへクチコミする

※名前(ハンドルネーム)、メールアドレスは公開されません。